ホーム1F:廃屋&ウォーターグラウンドスタジオ

【北海道唯一の水が使える「水撮影ができる」スタジオです】
北海道の撮影スタジオとして唯一ここだけの水が使えるスタジオです。
全面黒の防水塗装を施したシンプルかつ使い勝手のいい背景です。
猫足バスタブにお湯を入れての撮影や、スモークを炊いての撮影、また、廃屋風の2階部分もありますので、上からの撮影など、様々なシュチュエーションが可能。
さらにはスタジオとは別に、大型のユニットバスがあり、こちらも撮影利用が可能。血糊などもOKです。(水性で現状復帰できるものに限る)※乳白系のものは色が残るためご遠慮頂いています。

【廃屋&ウォーターグラウンド限定!お一人様&お二人様パック特別割引キャンペーン!】
お一人様orお二人様パックで通常1000円割引のところを、【2000円割引!】ぜひご利用下さい!
【New!】2021年2月23日よりウォーターグラウンドご利用料金を大幅お値下げ致しました!料金表にてご確認下さい。(旧価格より最大1800円お値下げしました)

推奨利用人数:4名程度まで

備品:シャワーホース(ノズル付き・お湯もでます)、 猫足バスタブ、スタジオライト×2つ・リングライト・防水Bluetoothスピーカー・脚立・レフ板・三脚(共用貸出しSPに)・色変可能LED投光器 x2・テーブル・イス・水道設備、給湯設備、この他水撮影向け備品(サンダル・バケツなど)を置いております。
【お風呂場&休憩室も完備!】ウォーター&廃屋スペース内に隣接して「休憩スペース」「お風呂場」もございます。こちらも占有にてご利用頂けます。(撮影利用もOK、お風呂場での血糊撮影なども可能※使用後は必ず清掃をお願いします)
なお、タオルはございませんので、必ずご持参をお願いいたします。(現地で100円で小さいタオルもご用意していますが、数量限定で完売の場合もあります)
【参考情報】撮影中のスマホや小物などの濡れ防止にジップロックなどを持参するとベストです。また冬期間は寒いです。厚着推奨。(スタジオの無料貸出しコーナーにも有り)

夏季について、エアコンはございません。日陰のため年中比較的涼しいですが扇風機・冷風機でのご対応となります。予めご了承下さいませ。冬季は暖房を完備しております。

※水道設備維持及び給湯器利用料として「1利用につき別途1800円を頂戴致します。」恐縮ではございますがご協力下さいませ。
(水道・給湯を一切ご利用されない方は、この料金はかかりません。ご予約時備考欄にその旨ご記入下さい)

※窓側がマンション側に隣接していることから、マンションへのご配慮、騒音トラブル防止のため、平日・土日祝共に20時までのご利用となります。
そのためプランは「1日貸しパック」「水スタショートパックAB」「平日8時間パック(いずれも最長20時まで)」のみのお受付となります。(4時間パック、昼パック、夜パック、フルタイムパックの設定はございません)
また換気を重視していることから、音や声が大変漏れやすい環境です。特に換気扇を回している場合、外へ中の音が筒抜けとなりますので、十分ご注意頂き、スタジオ内はお静かにご利用頂くようご配慮ください。

【重要】
※スタジオ内にて水をご使用されたお客様は、退室時床面のすべての水を排水口に排水して頂き、床をスポンジで水分回収をして頂きます。(掻き出しや吸水の道具はスタジオ内に複数ご用意しています)
排水作業は、構造上排水口が傾斜と逆方向にありますし、排水口自体も大きいものではありません。そのため排水には非常にお時間がかかります。(平均的で約1時間少々)排水作業時間も考慮してご利用くださいませ。
なお、排水や吸水せず、また清掃せず帰られた場合は、清掃及び作業費用として7700円(内容により異なります)を後日ご請求させて頂きます。
排水作業について、20時を過ぎる場合、絶対にお静かにして頂くことを条件に若干のロスタイム(1時間程度は可・ショートAは次利用有りの場合ロスタイム不可)は構いませんので、必ずすべての排水、清掃、現状復帰をお願い致します。
※場内は廃屋部分を改装しているため、危険箇所が多々ございます。また、2Fに上がる階段は鉄梯子となり、安全確認をしてはおりますが、ご利用方法によっては危険です。転倒・落下などでのお怪我などの責任は当スタジオ及び施設では一切負えません。
床面に寝そべる場合、衣類が汚れる場合があります。ご利用者での清掃を始め、当方でも定期的に水での洗浄を行ってはおりますが、色水なども使っている都合上、完璧な状態ではありません。その点ご理解頂ける方のみご利用をお願いいたします。
ご利用にあたっては、全てにおいて自己責任でのご利用をご了承いただける場合のみご利用を許可しておりますので、合わせてよろしくお願い致します。


【レイアウト図面】




※レイアウトは変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

VR360度紹介室内お写真


※以下、旧スタジオのウォーターグラウンドの作例お写真です。ご参考までに・・